フランスパリで30年。BeantoBarチョコレートブランドの老舗。CHAPON(シャポン)が、1月6日(土)自由が丘に日本1号店ブティック&カフェを開店。

d11472-445-419466-1

チョコレート職人パトリス・シャポン。

彼のキャリアのスタートは、バッキンガム宮殿のお姫様専属アイスクリーム職人。
その後若くしてパリに4店舗チョコレート専門店を出店。30年間以上、パリっ子に愛され続けているその味は、チョコレートブランドとしてはトップクラス。

世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ・パリ」でも、2007年・2011年にグランプリを受賞している。これまで、その個性豊かなショコラはパリの4店舗のみでしか購入できなかったが、このたび東京自由が丘に、シャポン自由が丘店 カフェ&ブティック1号店をオープンする。

d11472-445-432485-3

d11472-445-419466-1

d11472-445-248164-2

d11472-445-175907-6

■自由が丘店では、豆から自社工場で作ったシャポンの多彩なタブレット(板チョコレート)が存分に楽しめる。

PatriceChapon3 (1)
1)       Bean to Barとは
ビーントゥーバーとは、世界でも10人ほどしかいない、「自社工場内で豆の焙煎、加工までを行う」チョコレートの製造工程のこと。

世界でも著名なチョコレートブランドでも、
チョコレートの材料である「クーベルチュール」は仕入れていることがほとんど。
しかし、パトリスシャポンは、自らカカオの産地まで足を運び、
豆の製造から関わり、豆を仕入れ、自社工場内での選定~カカオ豆の焙煎~加工までを自らのセンスと技術で、製造し、チョコレートを作っている。

近年ビーントゥーバーを謳うチョコレートブランドはいくつか出ているが、自社工場内でカカオ豆の選定~焙煎~加工までを行っているブランドは、そうそういない。

図1

2) シャポンのチョコレートは、産地の味をそのまま楽しめる。自らも工場に立ち続けている。

シャポンのチョコレートは「旅するショコラ」をテーマに、作られており、
甘みのあるベネゼエラ産のチョコレートは、その味を体現し、
酸味のあるペルー産のチョコレートは、その酸味を存分に楽しめる。
季節と産地の特徴を最大限楽しむことができるように、
製造する日の湿気や天候により変わる、配合・調合を調整し、
毎日自ら工場に立ち、今もチョコレートを作り続けている。

■世界初のシャポンカフェでは、BeantoBar製法で作られたシャポンのタブレットやボンボンショコラの食べ比べが、シャポンオリジナルの美しいカップとディッシュで楽しめる。

d11472-445-753897-0

シャポン自由が丘店では、
4~5パターンのタブレットの食べ比べセットや、
フランスから直輸入したボンボンショコラの食べ比べを楽しむことができるカフェを併設。

シャポンがBeantoBarで製造した、さまざまなタブレットを食べ比べ、
好みの味を探すこともできる。
さらに、今後はフランスパリ本店でしか食べることができなかった、
BeantoBar製法で作られたショコラムースを楽しむことができるようになる。
(※商品ラインナップは、今後増えていきます。随時フランスから入荷予定です)

■シャポンの特徴の2つ目であるそのデザイン性の高いチョコレートは、ギフトにも最適

11689-0w0h0_chapon_chocolatier_box_opale_chocolate_pralines
シャポン自由が丘店カフェ&ブティックでは、

20種類以上のBeantoBar製法で作られたタブレットを常時ご購入頂けるほか、
デザイン性の高いシャポンデザインのボール型ショコラを、ご購入頂けます。

p06cho0579_pz_a001

バレンタインやギフト用に最適です。
(※商品ラインナップは、今後増えていきます。随時フランスから入荷予定です)
■シャポン自由が丘店では、グランドオープンイベントを開催

BeantoBarブランドであるシャポンのチョコレートをお召し上がり頂けるほか、
シャポン自由が丘店で楽しめるカフェメニューや、シャポンブランドの
商品のこだわりや新作について発表する、グランドオープンイベントを開催。

2017年1月6日(金)
a,13時~
b,16時~

2017年1月7日(土)
c,11時~
d,15時~
e,18時~
※シャポンオリジナルのチョコレートとドリンクをお楽しみ頂ける、ご招待制のイベントです。

■シャポン自由が丘店 カフェ&ブティック
自由が丘店住所:東京都目黒区自由が丘2-8-8 102
営業時間 年中無休 10時~20時
http://chocolat-chapon-jp.packarts.net/

取材、商品、店舗についてのお問合せ
運営会社パックアーツ株式会社
03-6804-2689